山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

日記ブログでもタイトルは重要なの?

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


今年の夏は、台風が例年になく、いっぱい来てますね😵


そのせいで、全国あちこちで水被害が甚大です。被害に遭われた方々へは、本当にお見舞い申し上げます。


自然界で生きる人間にとって、天候の変化に対応することは、種の保存の観点からは当たり前のことですが、こうも繰り返して災害レベルの大雨が降り続くと、いささかげんなりしてきますね😞


ニュースを観ても、またか?

と、だんだん関心が薄くなり、自分のところが良ければ、安心してしまいます。


これはいけませんよね。

でも、それくらい今年は災害レベルの大雨が多いってことです😞


で、今回のブログタイトルは、日記ブログでもタイトルは重要か?

ですけど、正直なところはどーなんでしょうか?


あなたは日記ブログで、タイトルを意識してつけていますか?


私は日々の思いを書くことが多いので、ある程度記事を書いてから、その内容に合ったタイトルをつけるようにしています。


なので、タイトルありきではなく、本文からタイトルが生まれるスタイルです。


まーっ、一般的に日記ブログではアクセスが集まらないと言われてますので、タイトルなんて重要じゃないですよね😓


まとめ

エウーゴ流の日記ブログでは、ブログタイトルよりも本文が大事です。

じゃあ、本文の内容がしっかりしているか?






うーむ🧐

このブログ、昨日はアクセス2件•••





やっぱり日記ブログでもタイトルって大事ですよね〜😅



まだまだ修行が足りないエウーゴでした!



それではまたお会いしましょう。

ペットボトルは資源の無駄遣いである事にいい加減気づかないの?

どうも、エウーゴです。

 

毎回おなじみの挨拶で書き始めていますが、私のipad第三世代は覚えが悪いのか、いまだに『エウーゴ』を覚えてくれません。なんで?

 

まぁ、それはどうでもいいのですが、今回は久しぶりに真面目な記事です。


私もあなたも、使わない日はないくらい日常に溢れているペットボトルについて、思うところを書いてみます。

 

今、地球上で大問題となっているプラスチック資源。河川や海洋への不法投棄による水質汚染と生物への影響が深刻化していますね。

 

基本的にプラスチック製品は、石油を原料として加工され様々な分野で使用されています。

 

現代社会において、プラスチック製品は、なくてはならない必需品として私達の周りに溢れ、日々膨大な量のプラスチック製品が使用されて捨てられています。

 

中でもペットボトルほど日常生活で使用しては捨てられているプラスチック製品はないでしょう。


えっ?

リサイクルしてるから問題ない?


はい!

確かに、ゴミ分別でペットボトル用のゴミ箱が用意されているところもありますからね。


でも、よく考えてください。

そのリサイクルについて。


リサイクルというのは、ペットボトルを回収して、リサイクル業者が引き取って、リサイクル作業(再処理)を行なって、新たな工業製品として世に出回る仕組み。


そのリサイクルは、回収から再処理にかかる費用が製品に上乗せされ、新たなプラスチック製品を生み出しているのです。


このリサイクルは、本当に必要なのでしょうか?


だって、良く考えてください。

ペットボトルは、再使用ではなく再処理を必要とするのです。


瓶ビールや、牛乳瓶はリサイクルではなく再利用です。なので、同じ製品が綺麗になって出回るだけです。せいぜい、回収と洗浄に費用がかかる程度です。


かたやペットボトルは、綺麗にするのではなく、わざわざエネルギーを使い再処理を経て、違う形で世に出回る。


この二つの似て非なる行程は、世間ではあまり深く考えられず、一緒たくにされています。


つまり、ペットボトルはリサイクルという名のもとに、次から次へと膨大な数が作られるので、資源としては無駄ではないかと、私エウーゴは考えるのです。


昔は瓶か紙パックで充分でしたから、見栄えの良いペットボトルは、大いなる資源の無駄使いと言えます。

こんな瓶は可愛い💕

f:id:kksk16794:20180816112617j:plain


簡単に作れるけど、簡単には処分出来ないペットボトル。


私たちは普段何気なくペットボトルを使っているからこそ、リサイクルの意味をもう少し深く考えてみる必要はありませんか?


なーんて、記事書いても誰も読まないですよね😵


今日は雨なので、部屋の中でじっとしているしかなく、普段から考えていることを書いてみました。


あー、早く面白い記事が書けるようになりたいなぁ〜😅


それではまたお会いしましょう。



人生初、LCCで北海道旅行を計画してみる話の続き

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


LCCで行く北海道旅行の続編です。


室蘭観光は地球岬を観て終わりました。

地球岬は、水平線が綺麗に見えて、たしかに地球が丸いことを感じました、天気はイマイチでしたが。

その時の写真はこれ

f:id:kksk16794:20180815195323j:plain


当地の説明によると水平線の向こうには、クジラやイルカが見えるそうですが、今回は残念ながら見えませんでした😞


しかし、せっかくなので、地球岬名物の毒饅頭をお土産に買って、地球岬を後にしました。この毒饅頭は日本でここにしか売ってないと、店主が自慢げだったのが印象的でしたよ〜😳

その毒饅頭の外観はこれ

f:id:kksk16794:20180815230622j:plain

f:id:kksk16794:20180815230648j:plain

これは一箱六個入りですが、一個だけ辛子入りだそうです😵

それ故に毒饅頭だとか。


あなたも室蘭、地球岬に訪れた際には是非お買い求めください😊


お土産も、どこか一味違う室蘭観光でした。


まだまだ、私の北海道旅行は続きますので、次回をお楽しみに!


それではまたお会いしましょう。

日本十大工場夜景の一つ室蘭港夜景は評判通りおススメ

f:id:kksk16794:20180814145403j:plain

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


あなたは室蘭ってご存知ですか?

エウーゴは昨日、室蘭に行って来ましたので、これから室蘭観光を考えているあなたの参考になるように、感想文を書いてみます。


北海道の観光名所は、たくさんありますが私は室蘭には、行ったことがなかったので、今回は一日だけ訪れることにしました。


行ってみての感想は、一言で表現すると、昔は栄えていたんだろうなぁ〜、って感じです。


今回は、ガイドブックにも紹介されていた、室蘭港の工場群夜景を見るために訪れました。宿泊先のホテルへ向かう途中の商店街は見事なシャッター通りでしたね😞


チェックイン後に、ホテルの近くを散歩したのですが、営業しているお店も、夕方早々には閉まり、人通りもなく寂しかったです。


当然ホテルの周囲にも、目立ったグルメなお店はなく、今回、じゃらんで予約していたこともあり、夕食付きのプランでしたので、ホテルで夕食を食べてから、夜景観光に出かけました。


室蘭港の夜景観光はクルーズ船も運航しているのですが、今回はあいにく予約がとれず、キャンセル待ちもいっぱいということで、車で夜景ドライブをすることに決定。


ちなみに、バスツアーもありますが、こちらは土曜日のみの運行ということでした。


まずはガイドブックお勧めの、祝津公園展望台へ向かいました。


祝津公園展望台は東日本最長の吊り橋である、白鳥大橋と室蘭港、工場群が一望できるお勧めのポイント。そこからの一枚がこれ。

f:id:kksk16794:20180814180733j:plain

どうです?

なかなかの景色でしょう😊


次にガイドブックが勧めている、白鳥大橋展望台に向かいましたが、カーナビとの相性が悪かったのか、なかなか現地にたどり着けず、やっと着いたかと思ったら、結構な斜度の階段があったので、少し疲れもあり、ここはパスしました。


これから、行かれる方にアドバイスするなら、ここは暗がりで階段も長いので、懐中電灯は必須、そして、カーナビとの相性が良くないので、アクセスがやや困難という二点です。


その後に向かったのは、白鳥大橋を渡って工場群を間近で見るポイントですが、ここはガイドブックには載っていませんでしたが、良かったですよ〜😊


私は、白鳥大橋の上からと白鳥大橋を渡ってから工場群を見ましたが、人工的ではありますが幻想的な雰囲気は良かったです。


車から撮った工場群の写真はこれ。

f:id:kksk16794:20180814182221j:plain


予約できなかったナイトクルーズから見る景色は、また違った印象だったと思いますが、車からの景色もなかなかだと思いました。


室蘭の街は寂しい感じでしたが、港の夜景は日本十大工場夜景に選ばれただけあって、一見の価値はありましたよ〜😊


まとめ


北海道の新しい観光名所の一つ、室蘭港の工場夜景は評判通りオススメでした。


北海道旅行を計画中のあなた、旅の一日を室蘭観光に当ててみてはいかがでしょうか?








日本の労働者はいずれ外国人だらけになってしまう予感がする

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


え〜、私は今、北海道に来ています。

昨日は最高気温が28℃でした。九州を出発する時は、37℃だったような覚えがあります。なんと、気温差約10℃。


同じ国とは思えないほどの、環境の違いに驚いています。


立ち寄ったお寿司屋さんでは、熱中症って何ですか?と聞かれる始末。


このまま、北海道に移住しちゃおうなかぁ〜。なんて、浅はかな考えを抱いた私でした。


今朝なんか、涼しいを通り越して、寒い〜って言いそうになりましたよ〜😵


LCCの話はまた今度にしますが、今回は雇用について、書きます。


私が昨日から宿泊しているホテルは、従業員の半分が外国人労働者で占められているようです。


今回、記事にした理由は、これがビジネスホテルや都会のホテルなら気にならないのですが、このホテルはいわゆるリゾートホテルだからです。


例を挙げると、車寄せに車を停めても出迎えなし。フロントには外国人担当者しかいない、荷物はセルフサービス。


ここは外資系なので、そんなものなのでしょうか?


自分の経験では外国のホテルは、どこもこんな感じですが、外資系ホテルでも日本で営業している限りは、違和感は否めません。


この違和感は、最近どこかで味わった気がしました。そう、今回の旅行で利用したLCCで味わったあの感じです。


過剰ともいえる接客サービスに慣れた日本人としては、安さと引き換えにサービス無しを許容出来るか?


また、これからの時代は、コストを極限まで抑えて利益を上げる企業しか生き残れないのでしょうか?


一抹の寂しさを感じますが、資本主義社会の宿命ならば仕方ない話ですね😞


東京オリンピック誘致の際は、『おもてなし』をアピールした日本人ですが、オリンピック後も、『おもてなし』精神を忘れずにいて欲しいものです。


そのためには、外国人労働者に頼らず、もっと日本人がフロントラインで働かないといけませんね🧐


今回も親父ブロガーの与太話にお付き合い頂き、ありがとうございました。


それではまたお会いしましょう。




人生初のLCC利用は新鮮な驚きの連続だった!

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


人生初のLCCでの旅行録第2弾です✈️


今回私が利用したLCCpeach福岡ー札幌便です。


何しろ初めてのLCCとあって、チェックインから、荷物預けから、搭乗まで新鮮な驚きの連続でした😳


まず、チェックインですが、自動チェックインはメガキャリアも同じですが、設置台数が少ない・・・


私の後ろには、当然長い行列が出来上がり、早くしなければと、プレッシャーが半端なく💦が・・・


次に、荷物を預ける段階で、荷物一つにつき2500円必要との事。支払いはクレジットカードのみ。


うーん🧐

なかなかのプレッシャーです。

メガキャリアでは、相当な重量オーバー時以外は無料の荷物預かりなのに。


だんだん、LCCの正体が見えてきました。


安さの秘密は、徹底的な無駄の排除にあり。

不便さを嫌うなら、メガキャリアに乗れってことですね😓


この続きは後日お届けする予定です。


それではまたお会いしましょう。




いよいよ大衆の逆襲が始まったようだ!あのモンサントが敗訴!

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。


見ましたか?

今日のニュース!


いや〜、びっくりしました‼️


何が?

いや、それが、大変なニュースが流れて来ましたですよ!


ここから引用開始

除草剤で末期がんに、米裁判所 モンサントに約320億円の支払い命じる

 
309

AFP=時事

引用終わり

そうなんです。
あの巨大農薬企業である、モンサント社が一市民から訴えられ、なんと一審で敗訴したんです。

もう、これには私エウーゴ、びっくり‼️

申し遅れましたが、私は以前はこのモンサント社の農薬やF1種と言われる、あらゆる植物の種を牛耳る姿勢に疑問を持って、いろいろ調べた結果、これまたモンサント社の有する遺伝子組み換え技術の恐ろしさに気づき、決して我が子には、遺伝子組み換え作物を食べさせないように決心したのです。

いや〜、今日はとにかくこのニュースが入って来たので、興奮が覚めやりません😵

続報があると思いますので、気をつけて見ていきます。

それではまたお会いしましょう😊