山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

死って本当に怖いの?死ぬ瞬間は分かるの?死について考えてみた

どうもです。

 

 

あなたは死について考えた事がありますか?

 

自分の死についてです。

 

 

人は死を経験出来ない

 

 

よく、死ぬのは怖いとか、死にきれないとか、人は経験したことのない死について、以

 

外と気軽に発言していると思います。

 

死を経験する=死んだ人、なので、死についての経験談を語る事は出来ません。

 

では、世に広まっている死の概念は、一体どのようにして広まったのでしょう。

 

臨死体験というのもありますが、結局は死んでいないわけですから、あれは夢の中の話

 

ですね。

 

私たちが経験するのは全て身内や他人の死、そして、私たちは身内や他人の死から苦し

 

みや悲しみを経験し想像するのです。

 

あーっ、痛そうとか、あーっ、苦しそうとか、死ぬ間際の人を見てそう思うわけです。

 

それが家族や親しい人の死であると永遠の別れとなり、余計にそれが悲しいのですね。

 

 

 

死の瞬間起こる事

 

 

ただし、死の瞬間に起こる事は意識の消失です。


という事は、眠ることとあまり違わない思いますが、どうでしょうか。


死んでいく人は以外と苦しんでいない、逆に生きる苦しみから解放されている?

 

また、人が死ぬとすぐに肉体は滅びていきます。


血液は途絶え、体は冷たく硬くなって、人体とは別の物質に変わります。

 

という事は、肉体に入っていた魂がどこかにあるはずです。

 

しかし、魂は目に見えないので私たちには、その存在がわかりません。

 

でも、魂はいたるところにあり、常に私たちを見守っています。

 

そのことに気づくには、たくさんの人の死を経験する必要があります。

 

 

死が怖いのは経験出来ないから

 

 

ここまで書いてわかった事は、生きている人で死を経験した人はいないという事実。

 

だから、死が怖いとか死にきれないとか、全くの想像でしかないという事実。

 

毎年夏になるとお盆という風習が日本にはあります。

 

ご先祖様を提灯を用意してお迎えする風習は、死に対する考え方を見直す良い機会で

 

す。

 

生きている人が魂と肉体の概念を、常識的に捉える事が出来れば、この世はもっと平和

 

になれるのではないでしょうか?

 

まとめ

 

生と死は一対です。

 

死は必ず訪れるから、決して怖がらなくても良いのです。

 

それよりも、与えられた生を一生懸命に遂げる事を考えましょう

 

今回は死についての記事でした。

 

そうだ!今度の休みはお墓参りに行かなくちゃですね〜。

 

それではまたお会いしましょう。

 

テレビのニュース番組は何故悪いニュースばかり報道するのだろう?

毎朝、起床後にテレビをつける。

特に観たい番組がある訳ではないが、お気に入りのアナウンサーが出ているニュース番組を観てしまう。というよりも、出勤の準備をしながら聴いている感じだ。

 

それにしても、毎日のようにトップニュースから悪いニュースのオンパレード。

それも、毎日のように殺人事件の報道が繰り返し行われている。

 

最近のテレビ番組は、早朝から1時間毎に同じ内容のニュースを繰り返すスタイルなので、まるで洗脳するかのように悪いニュースが耳に残る。

 

これは公共の電波を使った国民洗脳ではないか?

こんな考えを持つことに何の違和感も持たない自分ではあるが、他の日本人はこのことに関して、一体どのように考えているのであろうか?

 

テレビは災害時にはリアルタイムで必要な情報を提供してくれる、ありがたいメディアではあるが、平時において役割は再考の余地があるのではなかろうか?

 

 

 

寒い日は薪ストーブで幸せな気持ちになれます!

どうも〜

 

全国的な寒波襲来


しかし、我が家は常にTシャツ一枚で過ごせる快適な空間を維持しています。


その秘密は「薪ストーブ」にあります。

 

f:id:kksk16794:20190206062719j:plain

ヨツール製薪ストーブ


日本は南北に長い領土で北は厳冬の北海道・東北・北陸、南は沖縄・九州と


地域によって、備える暖房器具は違っています。


イメージ的には、北の地方では一家に一台薪ストーブがあり


南の地方には、電気ストーブや石油ストーブがあり薪ストーブの


イメージはありません。


薪ストーブは、煙突を必要とするため普通のストーブに比べて


導入コストがかかり、定期メンテナンスも必要ということから


南の地方ではあまり需要がないと思われています。


しかし、ここ数年は、南の地方でも氷点下を記録する日が


珍しくなく、積雪もそれなりにあります。


エアコンや一般のストーブでは、Tシャツ一枚で過ごすまでの


暖房力はなく、なんとなく体の表面が温まるだけですが


こと、薪ストーブになると、その底力は素晴らしく、とても魅力的です。


これは、言葉では伝えようがなく、是非、一度体験していただけたらと思います。

 

一家に一台薪ストーブがあると体の芯から温まり、幸せな気持ちになれること間違いな

 

しです。

 

 

 



人生初、LCCで北海道旅行を計画してみた話最終話

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。

 

引き続きLCCの旅編です。

今回でこのシリーズは最後。

 

LCCの印象を一言で表すと、徹底したコストダウン。これに尽きます。

 

たしかにメガキャリアに比べて、チケット代は安くお財布には優しいです。

 

でも、ただそれだけの話。

その他の部分でメガキャリアに勝る点は、少なくとも私の目には止まりませんでした。

 

どちらかといえば、ローコスト故の不満点が目立ちましたね。

 

その最たるものが、飛行の安全性です。

決してLCC全般に通じる話ではないとは思いますが、今回人生初のLCC利用で、人生初の経験をしました。

 

帰路の安定飛行中に、全く突然機体が右に大きく傾き、このまま墜落するのではないかと、過去に経験のない揺れと恐怖を味わったからです。

 

私、51歳でこれまでに何百回と飛行機を利用していますが、あんな急な揺れは初めてでした。

 

機内では悲鳴が上がり、サービス中のCAの表情も硬くこわばっていたのが、物凄く印象的だったんです。

 

そして、揺れについの説明が一切なく、不安を抱えたまま目的地である福岡空港に着陸しました。

 

幸いにも、怪我人が出なかったからか、ネット上にはそのニュースは流れませんでしたが、一歩間違えば大惨事になりかねない、大きな揺れは、大変気持ち悪かったし、LCC故のアフターフォローなしを実体験しました。

 

これからLCCを利用する計画があるあなた、この私の体験談を参考にしていただけたら幸いです。

 

だって、本当に怖かったんですよ〜😭

 

コストダウンも、命まで削ってしまったら考えものですね。

 

以上で、人生初のLCCシリーズは終了です。

 

またお会いしましょう。

 

追伸

最後まで激しい揺れの原因は説明されませんでした。

風が吹けば桶屋が儲かるは本当の話か!

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。

 

それにしても今年の台風って変ですよね。

次から次へと間髪いれずに発生して、こんなパターンは51年間生きてきて初めてです😳

 

まっ、自然のことは人間にはどうにもならないから、受け入れるしかないんですが、これって本当に自然発生の台風なんでしょうか?

 

昔から風が吹けば桶屋が儲かると言いますが、この台風の影響で影で儲かっている人がいるのかなぁ〜?

 

台風の大きさと進路が分かれば、被害の予測が出来て、台風後に必要な物の調達やインフラ整備にかかるお金がある程度予測出来ます。

 

そう考えれば、あらかじめ物資の買い占めや、復興に携わる企業関連株を買い占めたりで儲けることが可能かと•••

 

もう、ここまで来ると陰謀論になっちゃいますけど、実際のところはどうなんでしょうね。

 

こうまで異常な頻度で台風が発生すると、そんな与太話も、日本のどこそこで生まれているのではないでしょうか?

 

滑舌の悪い長期政権は、この台風に関してどのように考えているのか、一度聞いてみたい気もしますが、結局、官僚作成文書を読み上げて終わりですよね😞

 

政府があてにならないとすれば、我々庶民が出来ることは、複合災害への備えを充分に行うことでしょう。

 

地震、雷、火事、親父の順に昔から恐れられて来ましたが、それが一気に起こった時の備えは絶対に必要です。

 

水と食料の確保は各家庭でしっかりしておきましょうね😓

 

今回も親父の与太話にお付き合い頂きありがとうございました😊

 

またお会いしましょう。

 

 

ミッションインポッシブル・フォールアウトを観ての感想はグレイト!

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。

 

ウゴウゴルガーじゃありませんよ〜☺️

 

今回は映画ファンのあなたへお届けする記事です。

 

エウーゴは、本日、トムクルーズ大先生主演「ミッションインポッシブル・フォールアウト」を観てきました。吹き替え版です。

 

これでミッションインポッシブルシリーズも今回で第6作目。

MI1,MI2,Mi3,MI4,MI5MI6とよく続いてますね。

 

奇しくも今回はシリーズ第6弾でMI6。

MI6といえば、あの007ことジェームズボンドが所属する英国情報部の略称です。

IMFとMI6に加えて今回もCIAが絡んだ複雑なミッションとなっています。

 

それにしても、トムクルーズ大先生、今回もよく頑張りました!

56歳とは思えないエネルギッシュなアクト、スタントマン無しのアクション。

 

シリーズを重ねるごとに、アクションのレベルが上がっている気がします😃

 

で、今回のミッションはロシアの兵器庫からプルトニウムを盗み出し、テロリスト集団と核兵器学者が協力して、核爆弾を製造。

インド北部の大氷河付近で核爆弾を爆発させ、大量の水質汚染を起こし、下流水域の民20億人以上をを死に至らしめるという恐ろしい計画を、例によって変装の名人我らがイーサンハント率いる、IMFチームが阻止するというもの。

 

映画は手に汗握るアクションにつぐアクションで、見るものを惹きつけますが、後半ではイーサンの人間味溢れるストーリーも展開して、長時間飽きさせない作りになっています。

 

詳しくはネタバレになりますので書きませんが、いつものようにギリギリのギリギリでミッションコンプリートとなるか?

それは観てのお楽しみです☺️

 

唯一気になったのが、これは毎回のことですが、大作にありがちな声優チョイス問題。

なんで、重要な役柄なあの役者にあの声優?

この映画はトムクルーズファン以外でも、スパイ映画好きなら確実に観ると思うので、そこにわざわざ客寄せパンダ的な声優を起用する必要はありません。

 

日本語版制作関係者さんと配給会社さん、そこのところよーく考えてくださいね。

 

というわけで、この夏1番のヒット作「ミッションインポッシブル・フォールアウト」はグレイトな作品でした。

 

映画ファンのあなたへオススメです。

 

夏の暑さを吹っ飛ばす勢いの映画、是非劇場でご覧ください☺️

 

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

おかげさまで順調に毎日アクセスをいただいております!

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。

 

2018年6月11日に開設した当ブログ、タイトル通りに毎日アクセスしていただいております。

 

アクセスしていただいた方々には感謝申し上げます🙏

 

こんな名もない、引きこもり系コミュ障親父のブログに毎日アクセスがあることは、ある意味奇跡?

 

まぁ、毎日アクセスとはいっても、1PV/日なんて日もあるので・・・

 

いや、それでも記事投稿に何らかのアクションがあることは、嬉しい限りです。

だって、毎日最低1人でも誰かが私のブログを訪れているわけですからね。

 

SEOなんて意識していないし、記事に見出しもないし、その内容は思いのままを書いているだけだし。

 

あなたも、私と同じような境遇でしょうか?

だったら、同じ引きこもり系コミュ障親父同士、毎日のアクセスを楽しみに記事を更新していこうではありませんか!

 

自分で言うのもなんですが、ほとんどがゴミ記事レベルですが、月に一度くらいは、真剣に書いていますので、当ブログをこれからもよろしくお願いいたします。(もっと真剣に書け〜!)

 

ところで、内部リンクって何ですかぁ〜?

 

このレベルの親父が書いています😊

 

なので、あなたも、安心してブログを続けてくださいね😁

 

それではまたお会いしましょう。