山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

記憶のメカニズムって不思議だと思うが機能活性化には何が必要なの?

どうも〜、さすらいの親父ブロガーエウーゴです。

 

最近、私は物覚えが悪いといいますか、物忘れがひどくアルツハイマー病ではないかと心配しています。

 

あなたは、そんな心配はありませんか?えっ?ないって!

 

ショ、ショ、ショ、ショック〜!!

 

しかし不思議ですよね、私も若い頃は記憶力には自信があったのですが、50歳を過ぎてからは、物忘れが極端にひどくなりました。

 

ただし、発想力は若い頃よりも豊かになっている気がして、記憶力と発想力は比例せずに反比例するのではないかと、自分勝手な理論を展開しています。

 

どうですか〜?この無茶苦茶な理論。

 

あなたは脳は右脳と左脳に分かれていて、それぞれ役割があるのをご存知ですか?

 

右脳は感覚的、視覚的なものを司るところ、左脳は理論的、思考的なものを司るところ、と言われています。

 

では記憶はどこが司るのか?

 

記憶は脳の海馬という部分が司ると言われています。アルツハイマー病などの物忘れが症状の病気は、この海馬が障害されているのは想像しやすいかなと考えます。

 

そこで、そこから先なんですが、じゃあ〜記憶のメカニズムはどんなの?

 

こんな子どもが聞くような質問をしてみても、どこからも、誰からも明確な解答は得られないでしょう。

 

それが分かればノーベル生理学賞は確実です。

 

どうして人間は、ものを覚えることができるのか?記憶力の質と量を決める決定的な材料はなんなのか?

 

コンピュータに例えるなら、メモリーやハードディスクの性能という事になりますが、人間の脳には神経細胞しかありません。脳を解剖しても豆腐の様な大脳皮質とエリンギの様な脳幹部、その他辺縁系と小脳があり、それぞれは別の機能を持っている神経細胞の集まりです。

 

マクロ的な形は違っても、ミクロ的な形はそう大差ない神経細胞。海馬の神経細胞が記憶にどの様に関与しているのか、functionMRIという新世代MRIで研究を進めると、その謎が解明出来るかもしれません。

 

記憶力に関係する神経細胞と発想力に関係する神経細胞では、形状というよりも機能が違っている可能性があります。

 

では神経細胞の機能には何が関係するのか?

 

神経細胞ブドウ糖を唯一のエネルギー源としています。神経細胞の修復にはビタミンB12が関係すると言われています。

 

となると、神経細胞の活動はブドウ糖ビタミンB12がキーであると言えます。

 

極論すると、適度な糖分とビタミンB12を摂取していると、脳が活発に機能してくれる。

 

ここで私からの提案です。

 

あなたも、物覚えが悪くなったら、糖質とビタミンB12を十分にとりましょう!

 

ちなみに私の物忘れの原因は、糖質制限ダイエットにあるのかもしれません😢

 

今回も私さすらいの親父ブロガーエウーゴにお付き合い頂きありがとうございました。

 

それではまたお会いしましょう。