山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

エアコンがない時代の生活を思い出したら夏は暑いのが普通だったぞ!

どうも〜、エウーゴです。

 

私のドイツ系クォーター説が巷で噂を呼んでいるとか、いないとか。

どうでもいいですよね、そんなこと😢

 

で、今年も暑い夏がやって来ましたが、私、当年とって51歳です。

私の幼い頃、学生時代を思い返してみると、エアコンってなかったような気がしています。

 

まず、車にはエアコンがついていませんでした。エアコンが付いている車は、高級車でしたから、我が家の車にはクーラーこそ付いていましたが、エアコンなんてものはありませんでした。

 

自宅にも、エアコンなんてありませんでしたよ〜。確か、祖母と両親の部屋と居間にクーラーがあったけど、エアコンなんなかったです。子供部屋にはクーラーすらなく、扇風機があるだけでした。それでも、普通に遊んでいましたね😉

 

学校にも、当然エアコンはなく、先生たちの部屋にはクーラーがあったかもしれませんが、よく覚えていません。教室には扇風機があったかなぁ〜?

 

でも、昔はエアコンがなくても普通に生活していましたね。本当ですよ。

 

どうしていたかと言いますと、環境に合わせた生活をしていたと思います。夏の暑い日は、行水と言って水浴びをするのです。祖母がよくやっていましたが、水をかぶるだけのことですが、それをすることで暑さ対策としていました。あとは打ち水とか。

 

夏は冷たく冷やしたスイカ、かき氷など、食べ物で体を冷やすのも暑さ対策でした。

また、ほとんどの学校はプールを開放し、毎日のようにプールで泳いでいましたね〜。

 

で、現代はどうかと言いますと、どこもエアコン、エアコンで、今や学校にもエアコンが完備されているそうです。車の中、バスの中、電車の中、教室全ての環境にエアコンがあり、エアコンなしでは生活できない人もたくさんいると思われます。

 

ただし、エアコンは使うぶん熱量を発生していることを、忘れないようにしなければなりません。

 

エコカーで燃費とCO2削減に協力しても、エアコンをガンガン使ってしまうと、多大なる熱量発生に貢献することになり、元の木阿弥ですからね。

 

暑い夏は、エアコン以外の暑さ対策を取ることで、乗り切れるということを力説すると、エアコンメーカーさんから叱られそうなので、そこまでは言いません。

 

しかし、夏は暑いのが普通だから、暑さ対策は個々人できちんと考えておくべきだとエウーゴは考えます。

 

最後に

西日本大豪雨で被災されている方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

一刻も早い復興を願っております。

 

今日はここまで。