山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

新型うつ病はなぜ生まれたのか?ニートや引きこもりとの違いは?

どうも〜、エウーゴです。

 

名前はペンネームですよ〜、外人じゃないですからね〜。

 

その割には日本語が下手?

 

すみません、白状します。母方の祖父がドイツ人なんです。

ということは!クォーター?

 

はい、まぎれもないクォーターです(顔はもろ日本人ですが・・・)

 

そんなことはどうでもいいのですが、ここ数年でよく聞くようになった、新型うつ病ってなんなんでしょうね?

 

普通のうつ病と違い、仕事以外では日常生活に支障をきたさない、変な病気ですよね〜。

 

だって、仕事中は死にそうな顔で周囲から心配もしくは同情されながら、なんとか働いて、時には早退、時には欠勤するのに、アフターファイブは充実。

 

飲み会OK、カラオケOK、旅行OKなんて。

 

それ、うつ病じゃないですよね〜。

 

でも、最近はメンタルヘルスがうるさく言われて、職場で軽んじているとハラスメント扱いされて、逆に上司が家族から訴えられかねない、おかしな風潮になっています。

 

いつの頃から、新型うつ病は生まれたのでしょうか?

ゆとり教育が始まったあたりでしょうか?

 

そして、ニートや引きこもりとの違いはどこなのか。

 

ニートや引きこもりは、職がないことが前提で、新型うつ病は一応仕事がある。

でも、職場には居場所がないからお休みする。

 

どっちも、どっちのような気がしますが、一応仕事がある分マシなのでしょうね。

 

聞くところによると、新型うつ病は休職扱いされ、嬉しいことに職場復帰プログラムなるものが用意されて、段階的な職場復帰が出来るらしいです。

 

普通に働いている私には、そんなお休みなんてないし、倒れるまで働いてやっと過労だったんだね?って、くらいで終わりそうです。

 

あ〜、新型うつ病ってよくわからん!

 

今日はここまで。

 

おやすみなさい。