山羊座で未年のB型男が書くブログ

思ったことを何でも書いてみるブログです。時に過激にズバッと世相を斬ります!

映画ハン・ソロを見てきたので感想を書く・アメリカでは低評価というが

こんにちは、エウーゴです。

 

先日の日曜日映画スターウォーズシリーズの最新作「ハン・ソロ」を観てきました。

ローグワンに続くスターウォーズシリーズのサイドストーリー第二弾です。

 

スターウォーズシリーズの人気者ハン・ソロの若き日を描いたこの作品、観終わってからの感想は、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

 

ハン・ソロ役の風貌がどこか若き日のレオナルド・デカプリオに似ていると思ったのは私だけではないと思います(似ていますよ本当に)。

 

この映画の最大の見所である、ハン・ソロとチューバッカ、ハン・ソロとランド・カルリジアンとの出会いが、コミカルな演出を交えて作品を通してじっくり描かれていました。

チューバッカとの出会いのシーンは、なんとも◯◯◯◯ところでの最悪の遭遇。

ランド・カルリジアンとはカードゲームでの騙し合い?

 

なんだかんだで、その後のハン・ソロとの関係性が分かるような設定になっていました。チューバッカのことを知らない人はいないと思いますが、ランド・カルリジアンについてはエピソード5・6で活躍していますので一度ご覧ください。

 

そして、忘れてはならないもう一つの人気者、銀河系最速のミレニアムファルコン号との出会いが、ふーん、そうなんだぁ〜、って感じで描かれていました。

昔から大変なミッションをこなしていたんだな〜って感じでした。

 

映画は冒頭のシーンが暗い画面で、役者の表情が見えにくく、もう少し明るくてもいいかなぁって思いました。

 

前半のクライマックスである、輸送列車襲撃シーンは確かに見応えたっぷりのエンターテイメントになっていて、合格点と言えます。

 

登場人物は、チューバッカとランド・カルリジアン以外ほとんどニューフェイスでした。一人を除いて(ネタバレになるので書きませんが)。

 

最近の映画の流行りなんでしょうが、敵方のボスなる人物のキレ方が半端なく、観ていていつもハラハラします。まさか、ここでいきなりズボッとかないよなぁ〜みたいな感じで・・・

 

よくあるじゃないですか、苦戦の末、敵方ボスを倒したヒーローの相棒が後ろから瀕死のボスにグサッ!てやつ。

 

あれ、個人的に嫌いなんです。

 

意外性を狙っているのでしょうが、カタルシスがないというか、なんでそこでこのキャラを消すかよ〜。という映画が最近多いように思えるのは気のせいでしょうか。

 

これネタバレになるので書きませんが、映画通ならそんな心配も必要な最後のクライマックスシーンでした。

 

まとめ

 

・映画としては過不足なく楽しめました。

・⭐️⭐️⭐️⭐️です。

ハン・ソロの誕生物語なので、エピソード4〜6を先に観ておくことをオススメします。

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZJ29H+7AK6K2+2TZO+62MDD" target="_blank" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www25.a8.net/svt/bgt?aid=180608309441&wid=001&eno=01&mid=s00000013218001020000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=2ZJ29H+7AK6K2+2TZO+62MDD" alt="">

<a href="//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1083365&p_id=1031&pc_id=1463&pl_id=15109&guid=ON" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//image.moshimo.com/af-img/0328/000000015109.jpg" width="300" height="250" style="border:none;"></a><img src="//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1083365&p_id=1031&pc_id=1463&pl_id=15109" width="1" height="1" style="border:none;">